/

米モデルナ、1~3月純利益3倍 コロナワクチンが好調

【ニューヨーク=西邨紘子】米製薬モデルナが4日発表した2022年1~3月期決算は、純利益が前年同期比で約3倍の36億5700万ドル(約4700億円)となった。世界各国に新型コロナウイルス変異型「オミクロン型」の感染が広がるなか、コロナワクチンの追加接種の需要を取り込んだ。同社は22年秋ごろの供給開始を視野に次世代ワクチンの開発を進めており、今後のワクチン需要も根強いとの認識を示した。

1~3月期の売上高は60億6600万ドルで、これも前年同期比で約3倍に増えた。そのうちコロナワクチンの売り上げは59億ドルで、前年同期の17億ドルから急増した。各国政府との契約状況などから、22年12月通期のワクチン売上予想は210億ドルとした。米国政府との今後の契約次第で、さらに上振れする可能性もあると説明した。

モデルナは変異型に対応する次世代ワクチンの開発も進めている。ステファン・バンセル最高経営責任者(CEO)は、これまでの接種の効果が低減する今秋ごろから、各国政府が集団免疫を維持するために追加接種を進めると予想し「22年後半には、さらに販売への追い風が強まる」と説明した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン