/

北朝鮮のミサイル発射非難 米インド太平洋軍が声明

【ワシントン=坂口幸裕】米インド太平洋軍は4日、同日に弾道ミサイルを発射した北朝鮮を非難する声明を発表した。地域を不安定化させる行為を控えるよう求めたうえで「ただちに米国民や同盟国への脅威にならないと評価している」とした。

声明では日本、韓国など同盟国・有志国と緊密に協議していると記した。「引き続き状況を監視していく。韓国、日本の防衛に対する米国の関与は鉄壁だ」と改めて強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン