/

3月の米貿易赤字、過去最大906億ドル 消費活発で輸入増

米国は中国などからの輸入を増やしている(上海の港)=ロイター

【ワシントン=鳳山太成】米商務省が4日発表した3月の貿易統計(通関ベース、季節調整済み)によると、モノの貿易赤字は906億400万ドル(約9兆9000億円)と前月に比べて4.1%増えた。単月で過去最大を記録した。家計への現金給付で個人消費が活発になり、輸入が膨らんだ。

輸入は7%増えて2330億ドルと過去最大だった。自動車や衣料品、家具、パソコンなどの輸入が拡大した。品不足が続く半導体の輸入も盛んだった。輸出は1424億ドルと8.9%増えた。

個人消費の回復が輸入を押し上げた。3月はバイデン政権下で新たな現金給付が始まった。新型コロナウイルスの感染が減って、経済活動の再開が進んだ。

貿易赤字が過去最大を更新したのは2月に続いて2カ月連続だ。米国はワクチンの普及が進み、経済回復のペースが他国より速い。巨額の財政出動により、貿易赤字が膨らみやすい構図が今後も続く。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン