/

この記事は会員限定です

タカ派のブラジル中銀、利上げで狙うばらまき退治

[有料会員限定]

利上げに前向きな「タカ派」の中央銀行の代表格に位置づけられるのがブラジル中銀だ。2021年は3月から12月に開いた7回の金融政策決定会合すべてで利上げし、累計の利上げ幅は7.25%に達した。加速するインフレを抑えるのが狙いだが、ボルソナロ政権が進めるばらまき的な財政出動の拡大をけん制する意図もにじむ。

「最終的な金利水準は分からないし、示すこともしない。(インフレは)より根強く、より長い時間とな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1552文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

中銀ウオッチ

「中銀ウオッチ」は、米連邦準備理事会(FRB)や欧州中央銀行(ECB)、その他新興国の中央銀行の動きを分析し、政策の先行き、影響を掘り下げます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン