/

この記事は会員限定です

少子化とパラドックス 「育てやすい」社会への筋道は

風見鶏

[有料会員限定]

「子どもを持つ家族へ税額控除を拡大します」。7月、米国の多くの家族がバイデン米大統領の手紙を受け取った。

米政権は2021年に限り、子育て世帯に最大3600ドル(約40万円)を給付する。所得が低く納税額が控除額を下回っても現金で支給する「給付付き税額控除」だ。バイデン氏は子どもの貧困を半減する効果を訴え、25年までの延長を提案している。

欧州や日本に比べ手薄な米国の子育て支援。新型コロナウイルス禍...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1162文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン