/

スペースX、大型宇宙船の試作機が爆発 軟着陸後に

think!多様な観点からニュースを考える

【シリコンバレー=白石武志】起業家のイーロン・マスク氏が率いる宇宙開発スタートアップの米スペースXは3日、大型宇宙船の試作機をテキサス州の自社の研究開発施設から打ち上げた。約6分間飛行して降下し、目標地点への軟着陸に初めて成功したものの、その後、機体は静止した状態で爆発・大破した。

過去2回の打ち上げ試験では降下の際の速度を制御できず、地面に衝突し爆発・大破していた。3回目となった3日の試験では十分に減速した状態で目標地点に軟着陸させた。マスク氏は直後にツイッターに「無傷で着地した!」と投稿し、試験の成功を強調した。着地の際の映像ではエンジン周辺が発火している様子が認められ、試作機は数分後に着陸台に止まった状態で爆発した。

スペースXは3回目の打ち上げ試験で初めてスターシップの軟着陸に成功した(3日、テキサス州)=AP

打ち上げたのはスペースXが民間資金で開発中の宇宙船「スターシップ」の試作機「SN10」。高さ約50メートル、直径約9メートルで、「ラプター」と呼ぶ3基の大型エンジンを搭載した。繰り返し打ち上げが可能で、マスク氏は月や火星に人類を送り込む計画などに利用する構想を示している。

スペースXは2020年に自社開発した宇宙船「クルードラゴン」を使い民間企業として初めて有人宇宙飛行に成功した。米国で民間主導の宇宙開発をリードする存在となっており、21年2月に実施した資金調達では企業価値の評価額は740億ドル(約7兆9000億円)に達したと報じられている。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン