/

「中国は唯一の競争相手」、米政権が安保戦略の指針

「国際秩序、米が主導」と宣言

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
米国は中国を外交・安全保障上の唯一の競争相手に位置づけた=ロイター

【ワシントン=永沢毅】米ホワイトハウスは3日、バイデン政権の外交・安全保障政策の当面の指針となる暫定版の国家安全保障戦略をまとめた。経済や技術力などあらゆる面で中国を「国際秩序に挑戦する唯一の競争相手」と位置づけたうえで、「新しい国際規範や合意を形作るのは米国だ」と宣言した。

まとめたのは「国家安保戦略の暫定指針」で、これに沿って各省庁が政策の具体化を進める。後にまとめる国家安保戦略のたたき台ともなる。

指針は中国を「経済、外交、軍事、技術力を複合させ、安定した開放的な国際秩序に絶えず挑戦する唯一の競争相手」とみなした。その上で「私たちの利益を促進し、価値を反映する新しい国際規範や合意を形作るのは中国ではなく米国」と表明。同盟国との連携強化などを通じ、中国に対抗する方針を示した。

同時に「中国との戦略的競争は国益にかなう場合の協力を妨げるものではない」との考えを示した。気候変動、医療、核軍縮などでの「協力を歓迎する」と打ち出した。

北大西洋条約機構(NATO)や日本、韓国、オーストラリアとの同盟関係を「米国の最も素晴らしい戦略的資産」と誇示。インドや東南アジア諸国連合(ASEAN)との関係強化に注力すると強調した。国際機関での指導力も回復させると訴えた。

米軍はインド太平洋と欧州に重点配備し、中東では国際テロネットワークやイランなどに対処できるよう適正な規模にするとうたった。「米国は『終わりなき戦争』には関わるべきではないし、そのつもりはない」と表明し、アフガニスタンにおけるテロとの戦いの早期終結をめざす方針を強調した。

武力行使は「最後の手段にすべきだ」と明記。軍事介入には頼らず、外交を通じて問題の解決をめざす立場を明確にした。

北朝鮮の核問題は「韓国、日本と足並みをそろえて核・ミサイル計画の脅威を減らすため、外交力を結集する」と訴えた。新型コロナウイルスや経済危機を克服し、米国の力を立て直すと重ねて強調。貿易や経済政策は「少数の特権階級だけではなく、すべての米国人のためのものでなければならない」と主張した。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン