/

エストニアで連立政権崩壊 首相が閣僚ら解任

【ベルリン=共同】バルト3国のエストニアで3日、連立政権が崩壊した。中道右派の改革党を率いるカラス首相が、教育改革を巡る対立などから連立を組む中道左派の中道党の閣僚らを解任し、別の政党と新たな連立政権を組むと明らかにした。地元メディアが報じた。

ロシアに対して強硬姿勢を取るカラス氏は同日、フェイスブックに「共通の価値観に基づいた機能的な政府がこれまで以上に必要だ。欧州の安全保障の状況は、中道党と協力関係を継続する機会を与えてはくれない」と投稿した。

報道によると、カラス氏はリーメッツ外相ら閣僚のほぼ半数の解任をカリス大統領に求め、了承された。右派の祖国党などとの連立を模索している。

カラス氏は2021年1月に同国で初めて女性として首相に就任した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン