/

米大統領報道官「東京五輪、計画変わらず」

(更新)
サキ米大統領報道官は東京五輪の計画は現時点で変わらないと発言した(3日)=AP

【ワシントン=永沢毅】サキ米大統領報道官は3日の記者会見で、新型コロナウイルスの影響で開催に懐疑的な見方もある東京五輪について「私たちの計画は何も変わっていない」と述べ、現時点で米国の計画は変わりないとの認識を示した。米国選手団の状況に関しては「米国オリンピック委員会に聞いてほしい」と述べるにとどめた。

サキ氏は東京五輪への米国選手団の派遣に関する記者団の問いに関し、人権問題の観点から一部にボイコット論がでている2022年2月の北京冬季五輪の質問と取り違えて「現時点では北京五輪の態勢や計画の変更について話し合っていない」と回答。「同盟国や友好国と緊密に相談し、共通の懸念を明確にして足並みをそろえて対処する」と述べた。

北京冬季五輪を巡っては、中国によるウイグル族らへの「人権侵害」を理由に人権団体からボイコットすべきだとの意見がある。英紙にはラーブ英外相がボイコットの可能性を示唆したとの報道もある。

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン