/

米、難民受け入れ上限引き上げ 党内の反発受け一転

【ワシントン=芦塚智子】バイデン米大統領は3日、2021会計年度(20年10月~21年9月)の難民受け入れ数上限を6万2500人に引き上げると発表した。バイデン氏は4月中旬、上限をトランプ前政権が設定した1万5千人に据え置く大統領令に署名していたが、民主党内や人権団体からの強い批判を受けて方針を一転した。

バイデン氏は声明で「前政権が設定した歴史的に低い上限は、難民を歓迎し支援する米国の価値観を反映していなかった」と指摘。ただ、前政権の政策の影響で今年度に6万2500人の受け入れを達成するのは困難だと説明した。22会計年度以降、公約した年間12万5000人の受け入れ目標を目指して努力すると表明した。

米メディアによると、21会計年度の3月末時点の難民受け入れ数は2050人にとどまっている。バイデン政権は、南部国境で急増する不法越境者への対応や、「前政権による(難民受け入れ制度への)ダメージ」(バイデン氏)などを難民の受け入れが進まない理由としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン