/

米、中国企業59社への株式投資禁止 監視技術も明示

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
監視カメラの杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン)への株式投資は今回も禁止された=ロイター

【ワシントン=鳳山太成】バイデン米政権は3日、通信など59社の中国企業への米国人による株式投資を禁じると発表した。トランプ前政権の政策を引き継いだ。中国政府の軍事開発や人権侵害に関わる企業への資金の流れを阻止する狙いだ。

バイデン大統領が大統領令に署名した。トランプ前大統領が2020年11月に署名した大統領令を修正し、軍事企業だけではなく、中国の国内外で監視技術を提供する企業も禁止対象とすることを明確にした。航空関連の対象企業も増えた。

8月2日に発効する。米国人投資家が現在、保有する株式は22年6月まで1年間、売却できる。

禁止対象は通信大手の華為技術(ファーウェイ)のほか、監視カメラの杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン)、中国の国有通信大手3社など。これらの企業はトランプ前政権が指定したリストにも含まれていた。

中国企業への株式投資禁止は、トランプ前政権が中国共産党への圧力を強める一環で導入した。バイデン政権は人権侵害に使われる監視技術の企業も対象に含めることで、中国への強硬姿勢を一段と鮮明にした。中国の反発は必至だ。

トランプ前政権が指定したスマホ大手、小米(シャオミ)はリストに入っていない。同社はリスト入りが不当だとして米政府を相手取って提訴し、バイデン政権がリストから外すことに同意していた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン