/

米、ワクチンの提供開始 2500万回分をアジア・中南米に

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
バイデン大統領はワクチンを他国に開放する姿勢に転じた=ロイター

【ワシントン=鳳山太成】バイデン米政権は3日、新型コロナウイルスワクチンを他国に配る取り組みの第1弾として2500万回分の提供を始めると発表した。インドや台湾などアジア、中南米、アフリカの各国・地域を選んだ。世界の感染対策で主導権を握りたい考えだ。

1900万回分はワクチンを共同購入して分配する国際的な枠組み「COVAX(コバックス)」を通して供給する。ブラジルなどの中南米に約600万回分、マレーシアやタイなどアジアに約700万回分、アフリカ諸国に約500万回分を振り分ける。米企業のファイザーやモデルナ、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)のワクチンを届ける。

残り600万回分はカナダやメキシコ、韓国、中東諸国などに直接供給する。

サリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)は記者会見で「ワクチンを求める国をなるべく多く支援する」と狙いを説明した。アメリカ大陸の近隣国、感染が増えている南アジアや東南アジアの国々、韓国など接種率が低い同盟国を優先的に選んだという。

中国やロシアはワクチンを提供して途上国への影響力拡大を狙う「ワクチン外交」を展開する。バイデン大統領は声明で米国のワクチン提供について「(提供する国から)好意を得たり譲歩を引き出したりするためではない」と強調した。

これまでバイデン政権は少なくとも8000万回分を6月末までに供給する計画を発表している。途上国でのワクチン生産を増やすため、ワクチンの特許を一時放棄する案も支持して国際協調をアピールしている。

バイデン政権は米国内の感染を抑えるため国内供給を優先してきた。他国から「ワクチンを独り占めしている」との批判を浴びていた。国内の感染が落ちつき、ワクチンも十分な量を確保できているため、他国に開放する姿勢に転じた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン