/

カナダ、米極右「プラウド・ボーイズ」をテロ組織認定

1月6日の米連邦議会議事堂の占拠事件にはオレンジ色の帽子をかぶったプラウド・ボーイズのメンバーが数多く参加した=ロイター

【ニューヨーク=白岩ひおな】カナダ政府は3日、トランプ前大統領を支持する極右団体「プラウド・ボーイズ」をテロリスト組織と認定した。プラウド・ボーイズが暴力の扇動や動員に加担し、1月6日の米連邦議会議事堂の占拠事件で「極めて重要な役割」を果たしたと指摘した。

リストに追加されると、警察や銀行がグループやメンバーの財産などを差し押さえることができる。グループのメンバーは、カナダへの入国を拒否されることがあるという。これまでに国際テロ組織アルカイダや過激派組織「イスラム国」(IS)などが指定されている。

プラウド・ボーイズは2016年、カナダ・英国系の極右活動家で米国とカナダのバイス・メディア共同創設者、ギャビン・マクインズ氏が設立した。自称「西洋優越主義者」の男性のみが会員で、米人権団体「南部貧困法律センター(SPLC)」はヘイトグループと見なしている。20年9月の大統領選候補者討論会では、トランプ前大統領がプラウド・ボーイズに対して「下がって待機せよ」と発言したことが問題視された。

プラウド・ボーイズのメンバーはオレゴン州ポートランドなどでの「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命は大切だ)」運動のデモ隊らと激しく衝突し、1月にはリーダーのエンリケ・タリオ氏がBLM運動の旗を燃やした容疑で首都ワシントンで逮捕された。連邦議事堂の占拠では複数のメンバーが警官への暴行や器物損壊、共謀罪などで訴追されている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン