/

NY州知事、セクハラ疑惑で改めて謝罪 辞任は否定

NY州のクオモ知事はセクハラ疑惑について謝罪すると同時に「辞任はしない」と断言した

【ニューヨーク=河内真帆】ニューヨーク州のクオモ知事は3日の記者会見で自らのセクハラ疑惑について改めて謝罪をした。元部下の女性からの告発に対しては同じ民主党内からもクオモ知事に退任を求める声が出ているが、同氏は辞任を否定した。

セクハラ疑惑を巡っては現在、ニューヨーク州司法長官が調査しており、クオモ氏は「全面的に協力する」と述べた。その上で「みなさんは報告書で事実が明らかになった時点で判断してもらいたい」と語った。

クオモ氏は「私は不適切な接触はしていない。その時点で本人が不快な思いをしたり傷ついたりしたことは全く知らなかった。傷つけてしまったことに対し謝罪したい」と指摘した。一方で「私はニューヨーク州民に選出されており、いまは仕事を遂行する役目がある。辞任はしない」と発言した。

同氏は2月28日の声明で「(告発した女性との)やりとりは無神経、あるいは個人的すぎたかもしれない」と謝罪すると同時に、外部の独立した調査を要請していた。米紙ニューヨーク・タイムズなど有力メディアの報道によれば同氏からセクハラを受けたと告発した女性は複数人にのぼる。

クオモ知事は来年の知事選で4期目を目指している。直近では高齢者施設での新型コロナウイルスによる死亡者数を過少に公表したとの調査報告書が出された。州議会議員からの情報開示請求にも応じなかったことから批判が強まった。セクハラ疑惑が加わったことで、民主党内からも辞任を求める声が出ている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン