/

この記事は会員限定です

米巨大企業VS大きな政府 富と言論の担い手は

アメリカン・デモクラシー 癒えぬ分断⑤

[有料会員限定]

米南部ルイジアナ州ニューオーリンズ近郊でホテルを営む事業主に2021年6月、米連邦取引委員会(FTC)からメールが届いた。「詳しい話を聞かせてもらえませんか」

ビマル・パテル氏は大手各社とフランチャイズ契約を結んで9軒のホテルを運営する。そのうち世界最大手の英インターコンチネンタル・ホテルズ・グループ(IHG)を反トラスト法(独占禁止法)違反で1カ月前に提訴したことが、FTC委員の目に留まった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1267文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

アメリカン・デモクラシー

アメリカでは2020年の大統領選挙を不正と信じる国民がなお3分の1に上ります。自由と人権を重んじるアメリカで揺らぐ民主主義(アメリカン・デモクラシー)について考えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン