/

森喜朗氏の発言 海外メディア「女性蔑視」と問題視

(更新)
東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長

【ニューヨーク=西邨紘子】東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が3日、日本オリンピック委員会(JOC)の臨時評議員会の場で「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」などと発言したことについて、複数の海外メディアが女性を蔑視する発言だとして批判的に取り上げた。

米ニューヨーク・タイムズ紙は3日、「東京五輪トップ、会議への女性の参加制限を示唆」の見出しで記事を掲載した。「夏の開催計画が既に世論の大反対とコスト高騰の問題に直面する東京オリンピックの実行委員会は、女性が会議でしゃべりすぎるとトップが示唆したことで、新たな憤激に直面することになった」と問題の発言を取り上げた。

同紙は森氏の発言が「女性差別以外の何ものでもない」とするツイッター上の声を紹介。日本でも同氏の辞任を求める声が強まっていると報じた。

米ワシントン・ポスト紙も同日、「東京五輪トップの森氏、会議で女性が話しすぎると発言」と題した記事を配信した。首相経験のある森氏が「過去に何度もスキャンダルや問題発言を繰り返してきた」と紹介。質疑応答での森氏の発言を受けて「他の複数の委員が笑ったとも伝えられた」と女性蔑視的な見方が委員会で受け入れられていると暗に示した。

仏AFP通信も3日、森氏の発言を報じた。「日本は男女平等の点では遅れている」などと指摘し、世界経済フォーラムが発表する男女平等の指数で、日本は153カ国中121位に位置すると論じた。

JOCは国が定めた組織運営指針「ガバナンスコード」に従い、女性理事の割合を40%まで増やす目標を掲げて規定を改定した。森氏は東京五輪への協力などを語る中で女性登用の話題に触れた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン