/

この記事は会員限定です

米投資ファンドなど、格差是正へ団体 KKR幹部に聞く

[有料会員限定]

【ニューヨーク=伴百江】米大手投資ファンドのKKRやアポロ・グローバル・マネジメントなどが共同で、出資先企業の従業員に株式を付与する取り組みを始めた。企業価値向上の成果を投資家や経営陣だけでなく、幅広く従業員も享受することで格差の是正につなげる。非営利団体「オーナーシップ・ワークス」を立ち上げ、この活動を主導するKKRのパートナー、ピート・スタブロス氏に狙いを聞いた。

――この活動を始めた動機は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1982文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン