/

この記事は会員限定です

消えた自由貿易の推進役 民主も共和も内向きに

アメリカン・デモクラシー 癒えぬ分断④

[有料会員限定]

IT(情報技術)企業が集まるシリコンバレーに、65人の従業員が交代で働く小さな工場がある。材料はシリコンだが作るのは半導体ではなく、太陽光パネル。縁を磨いたりフィルムを貼ったりと人手がかかる典型的な労働集約型の工場だ。

気候変動対策を重視するバイデン政権で事業は好調ではないか。創業13年のオクシン・ソーラーを営むマムン・ラシド氏に聞くと首を振った。「異常に安い中国製品が流入して苦しい。我々の工場...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1273文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

アメリカン・デモクラシー

アメリカでは2020年の大統領選挙を不正と信じる国民がなお3分の1に上ります。自由と人権を重んじるアメリカで揺らぐ民主主義(アメリカン・デモクラシー)について考えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン