/

この記事は会員限定です

銃乱射相次ぐ米国、割れる対策 ニューヨーク州規制強化

(更新) [有料会員限定]

【ニューヨーク=山内菜穂子】銃乱射事件が相次ぐ米国で、リベラル州と保守州が対照的な対策を打ち出している。東部ニューヨーク州が殺傷能力の高い銃の規制に動く一方、中西部オハイオ州は安全対策として教職員らが銃を学校に持ち込みやすくする。規制強化を求めるリベラル派と銃保持の自由を重んじる保守派の溝は一段と深まっており、銃規制は秋に控える中間選挙を左右する主要争点の一つとなりそうだ。

ニューヨーク州議会は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り956文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

アメリカン・デモクラシー

アメリカでは2020年の大統領選挙を不正と信じる国民がなお3分の1に上ります。自由と人権を重んじるアメリカで揺らぐ民主主義(アメリカン・デモクラシー)について考えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン