/

NYタイムズ、広告収入が減速 4~6月は増収増益

(更新)

【ニューヨーク=清水石珠実】米新聞大手ニューヨーク・タイムズ(NYT)が3日発表した2022年4~6月期決算は、売上高が前年同期比12%増の5億5568万ドル(約740億円)、純利益が同14%増の6177万ドルだった。印刷工場がある敷地の一部の売却益が利益を押し上げたが、こうした特殊要因を除くと減益だった。

4~6月期の業績を事業別にみると、購読料収入は13%伸びたが、広告収入は4%増にとどまった。2月に買収したスポーツ情報専門サイト「ジ・アスレチック」で赤字が続いているほか、米景気後退懸念から広告収入が伸び悩んだ。1株利益は16%増の0.37ドル。特殊要因を除くと0.24ドルで、前年同期の0.36ドルから減った。

電子版や紙媒体、アプリなどの利用者を合わせた有料アカウント数は6月末時点で1056万件だった。複数のサービスを契約している読者を「1人」と数える方式だと、有料読者数は917万人だった。電子版を含むデジタル関連の有料読者数は3カ月間で18万人増えた。ロシアのウクライナ侵攻を受けて読者のニュースへの関心が高まった1~3月期から減速した。

NYTはゲームや料理のレシピなど電子版以外の有料サービスへの加入を読者に促し、読者1人当たりの売り上げを伸ばすことを成長戦略の一つに掲げている。メレディス・コピット・レビアン最高経営責任者(CEO)は「英語を話す全ての人に不可欠な媒体となる目標に向け着実に前進している」と述べた。

広告収入は7~9月期に1~5%程度減少する見通しを示した。特に、デジタル広告の減速が激しく、4~8%の減収を見込んでいるという。

ニューズレター

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン