/

この記事は会員限定です

米サウスウエスト航空、6800人一時削減の可能性

[有料会員限定]

【ニューヨーク=大島有美子】米格安航空大手のサウスウエスト航空は3日、全従業員の約1割に相当する6800人超を無給休暇扱いとし、人員削減する可能性があると従業員に通知した。新型コロナウイルスの感染拡大で航空需要が低迷。コスト圧縮のため給与や人員の削減が不可避とみて、労働組合と交渉を続ける。

10月から労使で交渉を続けていたが「意味のある進捗が見られない」(幹部)として6828人の従業員が2021年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り231文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン