/

この記事は会員限定です

原油需給改善へ外交戦 バイデン氏がサウジ訪問検討

ムハンマド皇太子、まずは小幅譲歩

[有料会員限定]

【ワシントン=中村亮、カイロ=久門武史】石油輸出国機構(OPEC)にロシアなどを加えた「OPECプラス」が原油の追加増産を決めた。11月の中間選挙に向けて原油高対策を優先するバイデン米大統領の意向を踏まえ、サウジアラビアは対米関係改善に向けて小幅な譲歩に応じた形だ。バイデン氏は月内にもサウジを訪問する方向で検討に入った。

バイデン氏は3日、記者団からサウジアラビアを訪問するか問われ「現時点で直接...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2075文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン