/

この記事は会員限定です

5年前の高揚感はどこ 五輪の「負の遺産」影落とすリオ

サンパウロ支局 外山尚之

[有料会員限定]

東京五輪・パラリンピックが閉幕し、五輪の「レガシー(遺産)」について議論が湧き起こっている。2016年に夏季五輪・パラ会場となったブラジルのリオデジャネイロでは、今も「負の遺産」があちこちに残る。うたげの後始末に苦慮するリオの現状は、膨張する五輪の負の側面を映し出す。

傷痕を象徴する一つが自転車BMX競技の会場だ。巨大な滑り台のような建造物は穴だらけでボロボロになり、人工芝がはげた部分からは植物が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1136文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

グローバルViews

いま大きく揺れ動く、世界経済。 自分か。自国か。世界か。このコラムでは、世界各地の記者が現地で起きる出来事を詳しく解説し、世界情勢の動向や見通しを追う。 今後を考えるために、世界の“いま”を読み解くコラム。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン