/

この記事は会員限定です

FRBを待つ隘路 金融正常化の成否、信認回復も左右

[有料会員限定]

米連邦準備理事会(FRB)が量的緩和の縮小(テーパリング)に着手し、新型コロナウイルス禍に対応した異例の金融政策は正常化の段階に入る。インフレの長期化を警戒し、利上げなどの引き締め策をリーマン危機時よりも早いペースで進める可能性も浮上している。低金利や潤沢な緩和マネーを前提としてきた金融市場の動揺を抑えつつ、脱・危機モードを探る難しい政策運営が続く。

1年8カ月で米経済・市場は一変

「経済の健全性...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3080文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン