/

AmazonベゾスCEO退任へ クラウド担うジャシー氏昇格

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【シリコンバレー=佐藤浩実】米アマゾン・ドット・コムは2日、創業者のジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)が2021年7~9月期に退任し、クラウド部門を率いるアンディ・ジャシー氏がCEOに昇格すると発表した。ベゾス氏は取締役会長となり、自身で創設した環境基金などにより多くの時間を振り向ける。

ベゾス氏はヘッジファンド勤務を経て1994年にアマゾンを創業。以来、四半世紀以上にわたりCEOを務めてきた。本のインターネット通販から始まった同社は、今ではネット通販から実店舗、クラウド、コンテンツ配信まで幅広く手掛ける企業に成長した。2020年10~12月期は売上高が初めて1000億ドル(約10兆5000億円)を超え、通期では3860億ドルに達した。従業員は約130万人に上る。

CEOに昇格するジャシー氏は1997年に入社し、アマゾンがクラウド事業に参入した当初からアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)のトップを担ってきた。世界最大のクラウドサービスであるAWS事業は、アマゾンの売上高に占める比率こそ1割強にとどまるものの、利益面で同社を支える。新たな事業に乗り出す際の資金の源泉にもなってきた。

アマゾンのCEOに昇格するジャシー氏はクラウド事業を率いてきた

2日の声明でベゾス氏は「発明があってこそのアマゾンだ」と述べた。売り上げ・利益ともに過去最高を更新した前期の業績に触れ「長期にわたり発明を重ねた結果だ。今のアマゾンは最も独創的であり(CEOの)移行に最適な時期だ」と指摘した。今後は自身で設立した環境基金や米宇宙事業会社ブルーオリジンの運営などにより多くの時間を割くという。

同日の決算会見では、ブライアン・オルサブスキー最高財務責任者(CFO)がベゾス氏について「今後も非常に重要な役割を担う」と話した。「取締役会長として買収や戦略立案、生鮮事業の拡大など、より重要な意思決定に携わることになる」と述べた。アマゾンの大株主でもあり続ける見通しだ。

クラウド事業で競合する米マイクロソフトのサティア・ナデラCEOはジャシー氏の昇格に対し、ツイッターで「しかるべき(昇格だ)」とコメントした。米グーグルのスンダー・ピチャイCEOは環境基金などに注力するベゾス氏の門出を祝福した。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン