/

球宴の開催地を変更へ ジョージア州の投票制限法巡り

オールスター戦が開催される予定だったアトランタのトゥルーイスト・パーク=AP

【ニューヨーク=共同】米大リーグ機構(MLB)は2日、7月13日に行われるオールスター戦の開催地をジョージア州アトランタから変更すると発表した。3月に同州で黒人などマイノリティー(人種的少数派)を標的にしたとされる、不在者投票における身分証明の厳格化などを定めた制限法への対抗措置。

MLBのロブ・マンフレッド・コミッショナーは声明で「全ての米国人の投票権を支持し、投票への制限に反対する」と制限法への抗議を表明した。代替地は近く発表されるという。アトランタの会場はブレーブスの本拠地トゥルーイスト・パークだった。

制限法を巡っては、日本人の母とアフリカ系米国人の父の間に沖縄で生まれ、オールスター戦でナ・リーグを率いるドジャースのデーブ・ロバーツ監督が、開催地が変更されなければ辞退する可能性を示唆している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン