/

コロナ全米最多のテキサス州、マスク着用義務を撤廃

マスク着用を要請する看板(2日、テキサス州ダラス)=AP

【ニューヨーク=大島有美子】米南部テキサス州のアボット知事は2日の記者会見で、新型コロナウイルス感染を防ぐためのマスク着用義務を10日にも撤廃すると発表した。同州では新規感染者数が7日移動平均で1日7000人超と全米で最多。バイデン米大統領が全国民にマスク着用を呼びかける動きに逆行する。

アボット知事は「テキサス州を完全に再開させるときがきた」と述べ、公共の場でのマスク着用や、オフィスなどの人数制限を義務付けた知事令を撤回させるための知事令に署名すると表明した。

ワクチンの接種が進んだことを理由に挙げ「コロナ封じ込めのため個人的な警戒は今後も必要だが、州による命令はもういらない」と述べた。米疾病対策センター(CDC)によると同州では人口の13%にあたる約370万人が1回以上ワクチンを接種した。専門家は集団免疫の獲得には全国民の7割程度が接種する必要があるとしている。

バイデン米大統領は2日の会見で「マスクをつけるように。今は警戒を緩めるときではない」と述べた。全米では約7割の州が公共の場でのマスク着用を義務付けている。

米国のコロナ感染状況を分析する「COVID・トラッキング・プロジェクト」によるとテキサス州では1日、新規感染者(7日移動平均)が7600人となった。1月のピーク時(2万3000人)と比べ少ないが、州別でみれば東部ニューヨーク州(7400人)やフロリダ州(5300人)、カリフォルニア州(4600人)を上回り全米で最多となっている。

テキサス州のアボット知事は共和党でトランプ前大統領と距離が近い。コロナ対策においても、かねて経済重視の姿勢を鮮明にしていた。

新型コロナ特集ページへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン