/

この記事は会員限定です

米SEC委員長候補、「共闘」生んだロビンフッドに照準

[有料会員限定]

【ニューヨーク=宮本岳則】米証券取引委員会(SEC)委員長候補で、元米商品先物取引委員会(CFTC)委員長のゲーリー・ゲンスラー氏は2日、米議会の公聴会に臨んだ。個人の「共闘」買いを生んだ株取引サービス「ロビンフッド」を念頭に、取引無料化の仕組みについて調査すると述べた。企業開示ルールの強化に前向きな姿勢を見せるなど、民主党左派への配慮が目立った。

バイデン米大統領が新しいSEC委員長に起用したゲ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1671文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン