/

日米韓「北朝鮮非核化へ一致協力」 高官協議

(更新)
日米韓の高官協議は北朝鮮核問題が中心議題に=ロイター

【ワシントン=永沢毅】日本と米国、韓国の安全保障を担当する高官は2日、米東部メリーランド州アナポリスにある海軍士官学校で協議した。北朝鮮の核・弾道ミサイル計画への懸念を共有し、3カ国が一致協力して非核化をめざすと確認。国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議の完全履行の必要性で一致した。

対面による日米韓の高官協議の開催はバイデン政権で初めて。北村滋国家安全保障局長、サリバン米大統領補佐官(国家安全保障担当)、韓国の徐薫(ソ・フン)国家安保室長が出席した。3氏はそれぞれ個別でも会談した。

3氏が発表した共同声明によると、見直し作業が最終段階にあるバイデン米政権の対北朝鮮政策を中心に話し合った。日本人拉致問題の一刻も早い解決や南北離散家族の再会も議論した。

中国を念頭に「インド太平洋地域の安全保障を含む共通の懸念」を話した。対立が深刻になっている日韓両国は東アジア地域や世界の安全保障における2国間、日米韓協力の重要性を強調した。

韓国の聯合ニュースによると、徐氏は韓国メディアに「3カ国は米朝交渉の早期再開のため努力を続ける方針で一致した」と語った。

米国家安全保障会議(NSC)は2日、ツイッターに3人がそろって歩く写真を掲載し「朝鮮半島の継続的な安定と自由で開かれたインド太平洋への共通の支援について議論する」と説明した。

新型コロナウイルスを受けた将来のパンデミック(世界的大流行)の防止策や気候変動、ミャンマー情勢も話し合った。米政府高官は世界的に供給不足が続いている半導体などサプライチェーン(供給網)見直しや南シナ海も議題になるとの見通しを示していた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン