/

Netflix、北欧ゲーム会社を買収へ 開発・採用に弾み

(更新)

【シリコンバレー=佐藤浩実】米ネットフリックスは2日、スマートフォン向けゲームを開発するフィンランドの上場企業ネクストゲームズを買収すると発表した。買収額は6500万ユーロ(約83億円)。映画や書籍を題材にしたゲームづくりに定評がある同社を取得し、新作の開発や人材採用の強化につなげる。

株式の公開買い付けを実施し、6月までに買収手続きを終える計画だ。ネクストゲームズの従業員は約120人で、2020年の売上高は2720万ユーロだった。ネットフリックスのドラマ「ストレンジャー・シングス」を基にしたパズルゲームを制作しており、これまでも両社は協力関係にあった。

ネットフリックスは21年、動画配信サービスの利用者向けにモバイルゲームの提供を始めた。現在は隙間時間に遊ぶパズルゲームなど10作あまりを配信している。ゲーム事業を率いるマイク・バーデュ副社長は声明で「ネクストゲームズを中核スタジオとして加え、社内の開発能力を高める」と述べた。

モバイルゲームの開発が盛んな北欧地域での人材採用につなげる狙いもある。フィンランド政府によれば、同国では20以上の大学がゲーム開発の講座を持つ。「アングリーバード」や「クラッシュ・オブ・クラン」の開発会社も立地している。

ネットフリックスは21年9月、米カリフォルニア州でもゲーム開発会社を買収した。同社による買収は開発人材の獲得が主な狙いだが、ゲーム業界では既にユーザーの多い作品のIP(知的財産)をめぐり数兆円規模のM&A(合併・買収)も相次いでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン