/

殺人容疑で男子生徒訴追 米中西部乱射、死者4人に

【ニューヨーク=共同】米中西部ミシガン州オックスフォードの高校で男子生徒(15)が拳銃を乱射した事件で、地元検察当局は1日、男子生徒を第1級殺人やテロの容疑で訴追した。同日新たに別の男子生徒1人が死亡し、死者は4人、負傷者は7人となった。米メディアが伝えた。

検察は、容疑者は未成年だが成人と同様に扱うとして氏名を公表した。犯行に使われた銃を事件の数日前に購入した父親とともに、母親も銃の保管注意義務を怠ったなどとして刑事訴追を検討している。

容疑者は警察の調べに黙秘し、動機の解明は進んでいない。警察幹部は「本人の考えを記した日記を入手した」と明らかにした。

事件では少なくとも30発の銃弾が発射された。事件前に拳銃の写真がインターネットにアップされ、犯行を予告するような投稿もあった。警察は「事前には把握していなかった」としている。同校の生徒の一人は「乱射事件が起きるといううわさはここしばらく流れていた」と語った。

事件当時、地元警察には100本を超す緊急電話があった。生徒らは逃げ込んだ教室に机を積んでバリケードをつくったが、銃弾が貫通した。別の生徒は「はさみや電卓など教室の物を手当たり次第につかんで、犯人が教室に入ってきたら抵抗するつもりだった」と振り返った。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン