/

テスラ、子ども向け電動四輪バギー発売 21万円

【ラスベガス=白石武志】米テスラが子ども向け電動四輪バギー「サイバークアッド」を開発し、2日までに米国の自社サイト上で販売を始めた。価格は1900ドル(約21万円)。同社が2022年にも納車を始めるピックアップトラック型電気自動車(EV)「サイバートラック」に着想を得てデザインした。

テスラは19年に開いたサイバートラックの発表イベントで独自開発した電動四輪バギーを披露していたが、市販するのは初めてとみられる。サイバークアッドは8歳以上を対象とし、最高時速は16キロメートル、航続距離は最長24キロメートルだと説明している。

ピックアップトラックは米国で最も人気の高い車種の1つで、米ゼネラル・モーターズ(GM)や米フォード・モーターなどが電動車種の開発を競っている。テスラは当初、サイバートラックの予約客に対する納車を21年末までに始めると表明していたが、生産の遅れなどで22年後半に延期したと報じられている。

イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)はツイッター上で約6500万人のフォロワーを抱え、脱石油依存社会の実現に向けた構想に共鳴するファンも多い。テスラのウェブサイトではこうした消費者のニーズを取り込むために、EVや太陽光発電設備などの高額商品だけでなく、ロゴ付きのTシャツやマグカップ、テスラ車の模型などを扱っている。

11月末にはサイバートラックのデザインに似せた笛「サイバーホイッスル」を50ドルで発売し、すでに完売した。中古品などが流通する米国の通販サイトでは定価の4倍の200ドルなどで取引されている。あえて希少性を出すことで話題を集め、生産開始が遅れているサイバートラックへの関心を高める狙いとみられる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン