/

米政府、日中韓にLNG融通を打診 欧州の調達支援

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【ヒューストン=花房良祐】バイデン米政権は欧州に液化天然ガス(LNG)を融通できるかアジアの主要な輸入国に打診した。日本や中国、韓国、インドの各政府と協議したという。ウクライナ情勢の悪化を受け、ロシア産ガスに依存する欧州の分散調達を支援する。

米ブルームバーグ通信が伝えた。米政府はLNG生産国のカタールやエジプト、ナイジェリア、リビアと増産や欧州向けの輸出増加について協議したが、長期契約で購入する企業のLNGについては同意がなければ輸出先を欧州に変更できない。

LNGの輸入量は国別で中国、日本、韓国、インドがランクインする。LNGの産地や調達時期を変更する「スワップ取引」も議題にあがっているようだ。中国とは初歩的な協議にとどまっているとも報じられた。

欧州は天然ガス消費量の3割をロシア産に依存する。米欧はロシアがウクライナに再侵攻すれば大規模な金融・経済制裁に踏み切る構えで、ロシアが対抗措置として欧州向けの天然ガスを停止する恐れがある。

米は天然ガスの供給不足と価格高騰を防ぐため、欧州の調達を支援する。バイデン米大統領は1月31日、ホワイトハウスでカタールのタミム首長と会談し、LNGの安定供給策を協議した。このほか中東や北アフリカなど複数国とも欧州向けLNGの供給増加について協議を進めている。

松野博一官房長官は3日の記者会見で、ブルームバーグの報道について「承知している。米国や欧州各国との間で日頃より様々なやりとりをしているが、外交上のやりとりの詳細は差し控えたい」と述べた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ情勢

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン