/

この記事は会員限定です

ボーイング「復活」アピール、「787」「737」増産急ぐ

[有料会員限定]

【ヒューストン=花房良祐】製造品質問題などに見舞われていた米航空機大手ボーイングが「復活」をアピールしている。同社は2日、投資家向け説明会を開催し、納入を一時停止していた中型機「787」について2023年に70~80機を納入する計画を公表した。世界的に航空機市場が回復するなか、増産を急ぐ。

787は胴体の接合部分に問題があるなどとして20年から納入が大幅に遅れていた。米連邦航空局(FAA)の承認...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り920文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません