/

NYダウ続伸475ドル高 ゲームストップ株は60%安

(更新)

【ニューヨーク=後藤達也】2日の米株式市場でダウ工業株30種平均が続伸し、前日比475ドル57セント(1.6%)高で引けた。上昇幅は約3カ月ぶりの大きさ。米景気回復や新型コロナウイルスの感染減少の期待から買いが強まった。一方、ゲームストップ株は60%安と急落した。

先週は高値警戒感から利益確定売りが膨らむ日もあったが、今週に入り幅広い銘柄に再び買いが入った。米経済対策への期待が根強いほか、新型コロナの新規感染者が減少に転じつつあり、今後経済が正常化に向かうとの期待も出ている。

金融や機械などコロナ禍で出遅れていた銘柄の上昇が目立った。アマゾン・ドット・コムやフェイスブックといった主力IT(情報技術)株も1~2%上昇。ナスダック総合指数は1.6%上昇し、過去最高値が目前となっている。

先週来、乱高下が続くゲームストップ株は一時67%安と急落し、終値は60%安だった。株価が高騰したあとに株やオプションのコール(買う権利)を買った投資家の損失が膨らみ、投げ売りが出ている。ネット証券のロビンフッド・マーケッツは取引制限を段階的に緩めているが、「投機的な新規の買いは入りづらくなっており、極端な値動きは次第に落ち着きそうだ」(株式ブローカー)との指摘があった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン