/

ナイキの北米副社長が辞任 息子のスニーカー転売に関与

【ニューヨーク=河内真帆】米ナイキは1日付で、同社の北米地区副社長のアン・ヘバート氏が辞任したと発表した。これに先だち米ブルームバーグ・ビジネスウィーク誌が米国でのスニーカー転売ビジネスの過熱ぶりを報道。この中でヘバート氏の19歳の息子が転売ビジネスを展開しており、スニーカーの購入に母親のヘバート氏名義のビジネス向けクレジットカードを使っていたと伝えていた。

ヘバート氏はナイキの販売部門を中心に25年以上勤務したベテランだった。ナイキはブルームバーグの取材に対し「(問題となっている転売会社と)ナイキとは直接売買など商業的な提携はなく、利益相反はない」と回答したという。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン