/

この記事は会員限定です

「台湾訪問よりFRB」強気派を待つハードル(NY特急便)

米州編集総局次長 田口良成

[有料会員限定]

2日の米株式相場は方向感の定まらない展開だった。市場が注視していたペロシ米下院議長の台湾到着後、ダウ工業株30種平均は下げ幅を縮める場面があったが、午後に入ると再び下げ足を速めた。きっかけは米連邦準備理事会(FRB)の高官発言だ。金融引き締めが早期に和らぐとの楽観シナリオは再点検を迫られている。

「ペロシ氏の着陸後、中国が直ちに反応しなければ、株価は上昇するだろう」。JPモルガンは2日の取引開始...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1072文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン