/

バイデン氏「5月末までに米国の全成人にワクチン」 

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
米メルクは、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の新型コロナワクチンを生産する見通しだ=AP

【ニューヨーク=野村優子】バイデン政権は2日、米製薬大手メルクが米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の新型コロナウイルスワクチンを生産すると発表した。J&Jのワクチンは1回の接種で済み、冷蔵庫で保管可能なため取り扱いやすい。バイデン大統領は同日の記者会見で、「5月末までに米国の全成人分のワクチンを確保できる」と強調した。

ワクチンの供給を加速するため、バイデン政権がメルクに対して生産支援を要請した。これまでは、7月末までに約3億人の米国民全員分のワクチンを供給するとしていた。併せて学校再開に向け、3月末までに教職員が少なくとも1回目のワクチンを接種することを目指すと表明した。

バイデン政権は、メルクにJ&J製ワクチンの生産支援を要請した(2日、ホワイトハウス)=ロイター   

バイデン政権は後れをとっていたJ&Jのワクチン生産を拡大するため、競合関係にある両社の生産契約締結を仲介したという。政権の新型コロナ対策本部の幹部は2月上旬、J&J製ワクチンの生産拡大に向けて「あらゆる選択肢を検討している」と話していた。

メルクが米国に持つ2つの生産拠点が、J&Jのワクチン生産などに充てられる。メルクは1月、他社に比べて効果が見劣りしているとして、新型コロナワクチンの開発を断念している。

J&Jのワクチンは、2月27日に米食品医薬品局(FDA)が緊急使用を承認。米国では米製薬大手ファイザーと独ビオンテック連合、米バイオ製薬モデルナのワクチンに続いて3例目の承認となり、初めての1回接種タイプとなる。2回接種に比べて時間や手間がかからず、2~8度で保管可能な取り扱いやすさもあり、ワクチン普及が加速するとの期待が高い。

J&Jは米国向けに3月末までに2000万回分、6月末までに1億回分を供給する見通し。2021年には10億回分を生産する計画だ。従来はJ&Jが持つオランダの生産拠点のほか、ワクチン製造企業と組んで米メリーランド州ボルティモアなどで生産される見通しになっていた。

新型コロナ特集ページへ

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン