/

この記事は会員限定です

リセッション銘柄は買いか(NY特急便)

米州総局 伴百江

(更新) [有料会員限定]

1日の米株式相場は小幅下落し、ダウ工業株30種平均は前週末比46ドル安で終わった。先週大幅に相場が上昇した後だけに、利益確定売りが目立った。市場では先週の株価上昇が相場の好転か、ベアマーケットラリー(弱気相場の中の一時的な上昇)なのかの議論も活発になっている。

そんな中、投資家の間ではリセッション(景気後退)耐久銘柄を物色する動きも目立ち始めた。投資情報誌や一般紙が相次いで、リセッションで上昇が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1282文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン