/

この記事は会員限定です

米、ウクライナ支援1100億円 中距離地対空ミサイル供与

[有料会員限定]

【ワシントン=中村亮】米政府は1日、ウクライナに対して8億2000万ドル(1100億円)相当の武器を供与すると発表した。中距離の地対空ミサイルシステム「NASAMS」2基や高機動ロケット砲システム「ハイマース」の弾薬を供与する。

米国防総省によるとロシアが2月下旬にウクライナへ侵攻してから、米国がウクライナ向けに供与を決めた武器の総額は69億ドルにのぼる。

国防総省高官は7月1日、記者団に対して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り781文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン