/

アルファベットの10~12月、36%増益 過去最高更新

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【シリコンバレー=奥平和行】米グーグルの持ち株会社、米アルファベットが1日に発表した2021年10~12月期決算は、売上高が前年同期比32%増の753億2500万ドル(約8兆6400億円)、純利益が同36%増の206億4200万ドルだった。主力のインターネット広告事業が好調に推移し、売上高、純利益ともに四半期として過去最高を更新した。

株式分割もあわせて発表した。7月1日時点の株主が保有する1株を20株にする。アルファベットの株価は過去1年で約4割上昇し、1日終値は2750ドルを上回っている。株式分割を通じて最低投資金額を引き下げ、より多くの投資家を呼び込むことを狙う。

10~12月期の1株利益は30.69ドル(前年同期は22.3ドル)だった。売上高、1株利益ともに市場予想を上回り、1日の米株式市場の時間外取引で株価は一時、同日終値より9%超上昇した。

主力のネット広告の売上高は612億3900万ドルとなり、前年同期より33%増えた。このうち動画共有サイト「ユーチューブ」の広告収入は25%増の86億3300万ドルだった。ユーチューブは高い成長率を維持する一方、中国発の動画共有アプリ「TikTok(ティックトック)」との競争激化が懸念材料となっている。

広告に次ぐ収益の柱にすることを目指して採用拡大や関連企業のM&A(合併・買収)を進めているクラウドコンピューティング事業の売上高は、前年同期比45%増の55億4100万ドルだった。10~12月期の増収率は競合する米マイクロソフトの32%を上回った。

アルファベットのスンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)は1日の声明で、「人工知能(AI)への投資が利用者や企業に優れた経験をもたらし、広告事業が力強く成長した」と述べた。また、独自開発した半導体を搭載したスマートフォン「Pixel(ピクセル)6」を21年10月に発売し、スマホの四半期売上高が過去最高になったと説明した。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン