/

この記事は会員限定です

AppleとAmazon、Facebookの広告事業を「挟み撃ち」

(更新) [有料会員限定]

【シリコンバレー=奥平和行】インターネット広告を巡り米IT(情報技術)大手が対立を深めている。アップルが個人情報の利用制限を強めることが発端だ。反発するフェイスブックはグーグルとともにネット広告市場で約5割の世界シェアを握るが、アップルや集客力が高いサイトを運営する米アマゾン・ドット・コムの「挟み撃ち」に遭う構図が強まっている。

「12月にお知らせしたように、当社はアップルのアプローチに反対だ」。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1811文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン