/

米「3カ国協力の進展期待」、日米韓高官協議で

日米韓は核・ミサイル開発を進める北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)総書記の動向を注視している=ロイター

【ワシントン=永沢毅】米政府高官は1日、バイデン政権で初めて開く2日の安全保障担当の日米韓高官協議を通じて「3カ国協力の進展に向けた対応措置をとることを楽しみにしている」と記者団に表明した。半導体などサプライチェーン(供給網)のあり方も議題になるとの見通しを示した。

協議は米首都ワシントンから約1時間の場所にある東部メリーランド州アナポリスの海軍施設で開き、対北朝鮮政策を中心に話し合う。同高官によると、インド太平洋戦略や南シナ海問題、国軍のクーデターがあったミャンマー情勢や新型コロナウイルス対策も取り上げる。

米国のサリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)、日本の北村滋国家安全保障局長、韓国の徐薫(ソ・フン)国家安保室長が出席する。日米、米韓の2国間協議もあわせて開催する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン