/

この記事は会員限定です

米テック人員削減、過去20年で最多 人材流動化の兆し

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

米テクノロジー企業の人員削減が急増している。2022年は11月までに8万人超を減らし、過去20年で最多になった。景気減速に新型コロナウイルスの流行に伴う需要増の反動や金利上昇の影響が加わり、収益と企業規模を同時に拡大する循環にブレーキがかかった。一方、一般企業のデジタル化のニーズは高く、IT(情報技術)人材が流動化する兆しが出てきた。

「経済環境が不安定で、さらなるスリム化が必要と判断した」。ア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1754文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません