/

女子テニス協会、中国での全大会停止「選手にリスク」

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【米州総局=宮本英威】女子テニス協会(WTA)は1日、香港を含む中国でのすべての試合開催を停止すると発表した。中国の著名テニス選手の彭帥さんが、中国共産党元幹部との不倫関係を告白したとされる後に安否への懸念があることを受けた措置だ。WTAは「残念ながら中国の指導部は、非常に深刻な問題に対して、信頼できる方法で対処していない」と指摘した。

米フロリダ州が拠点のWTAは、中国と香港でトーナメント開催を取りやめる。スティーブ・サイモン最高経営責任者(CEO)は公表した声明で「彭さんが自由なコミュニケーションを許されず、性的な暴力を受けたとの主張と矛盾する圧力をかけられているようにみえる状況下では、選手に試合を依頼はできない」と説明した。

サイモン氏は「2022年に中国での試合を開催した場合に、すべての選手やスタッフへのリスクを非常に懸念している」とも言及した。ロイター通信によると、WTAは08年には中国で2大会を開催していたが、19年までには9大会に増えた。

国際オリンピック委員会(IOC)は11月21日に、バッハ会長が彭さんとビデオ通話し、無事を確認したと発表した。来年2月に北京冬季五輪を控えているため、IOCと中国政府が事態の沈静化を図っているとの見方が多い。これに対してWTAは中国に対して厳しい姿勢を示したことになる。

欧州連合(EU)は11月30日、中国政府に対して「彭さんの安全と健康、所在地について、検証可能な証拠を提供するよう求める」との声明を公表した。共産党元幹部による性的暴行疑惑についても透明性のある調査を要請した。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン