/

この記事は会員限定です

岸田政権、韓国と関係改善を 米ランド研究所ホーナン氏

[有料会員限定]

米ランド研究所ジェフリー・ホーナン研究員 日米同盟重視をはじめとする日本の外交・安全保障政策に大きな変更はないというのが米国の基本的な見方だ。オーストラリアや英国、インドなどとの戦略的な関係強化、中国に対する強い姿勢も同様だ。

変化を望む第一の点は、韓国との関係改善だ。岸田文雄氏は外相時代に韓国と慰安婦問題に関する合意を交わした。米国はオバマ政権時代から継続して日韓の歩み寄りを望んできた。台湾への...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り278文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン