/

この記事は会員限定です

米年金、ロシア資産の売却検討相次ぐ カルパースも

[有料会員限定]

【ニューヨーク=伴百江】ウクライナに侵攻したロシアへの経済制裁を受けて、米国の公的年金基金が相次ぎ、ロシア資産の売却検討に乗り出した。東部コネティカット州や西部コロラド州は州知事が州年金にロシア資産の売却命令を出した。米最大の公的年金、カリフォルニア州職員退職年金基金(カルパース)は資産売却を視野に入れて対応を検討している。

コネティカット州財務官のショーン・ウッデン氏は1日、同州の退職年金にロ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り855文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシアがウクライナに侵攻しました。NATO加盟をめざすウクライナに対し、ロシアはかねて軍事圧力を強めていました。米欧や日本は相次いでロシアへの制裁に動いています。最新ニュースと解説をまとめました。

■最新の戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン