/

小児向けコロナワクチン、予防効果に見劣り 米調査

【ニューヨーク=西邨紘子】米ニューヨーク州保健局による新型コロナウイルスワクチンの有効性についての調査で、低容量の小児向けワクチンを接種した5~11歳の年齢層では、成人と同じ用量を接種した12~17歳の年齢層と比べ、接種後1カ月程度で変異型「オミクロン型」への感染を予防する効果が急速に低下していたことが分かった。一方、重症化予防には持続的な効果が確認された。

この調査は2月28日、査読前論文サイトのメドアーカイブで公開された。ニューヨーク州でオミクロン型が感染の主流となった2021年12月から22年1月に、米ファイザー・独ビオンテック製ワクチンの2回接種を完了した5~11歳37万人と、12~17歳85万人を対象に効果を調べた。

その結果、ワクチン30マイクロ(マイクロは100万分の1)グラムを2回接種した12~17歳グループでは、感染予防への効果が12月中旬は66%、1月下旬は51%あった。一方で、低容量(10マイクログラム)を接種した5~11歳グループでは、12月に68%だった予防効果が1月下旬に12%まで下がっていた。

論文は結論で、予防効果の引き上げには小児用ワクチンの用量見直しが必要となる可能性があると指摘。感染予防には、マスク着用などの予防対策継続が重要と指摘した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン