/

米エクソン、ロシア石油事業「サハリン1」撤退

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【ヒューストン=花房良祐】米石油大手エクソンモービルは1日、極東ロシアの資源開発事業「サハリン1」から撤退すると発表した。同「サハリン2」からは英石油大手シェルも撤退を表明済み。ウクライナ侵攻でロシアへの批判が高まるなか、同国での資源事業から手を引く動きが広がっている。

具体的な撤退時期には言及しておらず「操業を徐々に停止して合弁から撤退する手続きを取り始めた」という。主に原油を生産するサハリン1にはエクソンが30%を出資。ほかにサハリン石油ガス開発(東京・港)が30%、ロシアの石油大手ロスネフチとインドの石油天然ガス公社(ONGC)が20%ずつ出資している。サハリン石油ガス開発には経済産業省、伊藤忠商事石油資源開発丸紅INPEXが出資している。

エクソンはサハリン1の操業主体(オペレーター)を務め、プラントの運転で中心的な役割を果たしてきたが1日「自由を守ろうとするウクライナの人々を支持する。ウクライナの主権を侵害するロシアの軍事行動を批判する」などとする声明文を公表した。ロシアで新規案件の投資もしないと表明した。

エクソンはロシアの経済制裁を巡りエネルギー産業を除外するよう米国政府にロビー活動してきたと報じられている。ただ主権侵害と市民の被害の拡大を受け、撤退を決めたもようだ。

エクソンの動きは日本にも影響しそうだ。サハリン石油ガス開発には経済産業省が50%出資するほか石油資源開発やINPEXも政府に近く、日本とロシアのエネルギー協力の象徴的な事業とされてきた。サハリン1では液化天然ガス(LNG)プラントを建設する計画もある。

同じサハリン島にはロシアのエネルギー大手ガスプロムなどが手掛ける石油ガス開発事業のサハリン2があり、事業に参画する唯一の欧米メジャーの英シェルが撤退を表明したばかり。サハリン2には三井物産三菱商事が出資し、日本の電力・ガス会社にLNGを販売してきた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン