/

この記事は会員限定です

米債務上限問題、民主党内紛で膠着 議会で優位生かせず

[有料会員限定]

【ワシントン=大越匡洋】米民主党政権が議会での主導権を浪費している。2020年の大統領選を経て、青をイメージカラーとする同党は政権に加え、上院、下院の多数派を握る「トリプルブルー」を約10年ぶりに手にした。だが「大きすぎる政府」への急旋回が党内の分断をかえって深め、政権の看板政策は規模の縮小を迫られている。政府の債務上限問題の先送りにもつながっている。

「いつでもいい。6分でも6日でも、6週間で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1529文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン